芝施肥

穴あけ(エアレーション)

ローンスパイクなどを使って、芝面に穴をあけることによって、絡み合った根茎をほぐし その穴に新しい土を入れます。

こうする事により、新しい根の発根を促すとともに通気性や 透水性を良くして、芝生の若返りをはかる作業です。

芝目土の前に、出来れば毎年行うと美しい芝生を保つ事ができます。

目土入れ

細かくふるった土を、芝生の葉がかくれない程度に薄くかけることを 目土入れといいます。 目土入れによって、浮き上がった株を押さえて発根を促し、芝生の老化 を防ぎます。

時期は3月初めから5月初めが適期です。

施肥

施肥の時期は、生育期に施すのが一番有効です。 いつ頃、どのくらいやるかは、土や芝生の状態によってまちまちですが、 化成肥料なら、1㎡あたり一回に一握り(30g)が適量です


目安カレンダー